音楽レビュー:Ruby Vroom/Soul Coughing

あと80円買えば送料無料になる時に、110円だったので、購入。
アーティストは初見。ジャケ買いというか、価格買い。

アルバム概要

タイトル:Ruby Vroom
アーティスト:Soul Coughing
90年代ロックバンドのファーストアルバム、オルタナ・ロック(定義が分からないのだが、wikiによると)らしい。

感想

90年代らしい音とメロディー。
サンプラーが至るところで使われていて、アルバムのよい特徴になってる。
最近の音楽だと、サンプリングやシンセの音とリアルの音が聞き分けづらかったりするので、こう明白にサンプリングです、という音は懐かしいというか、少し新鮮味も感じた。
全体的にはゆったりとしたロック、という印象で、肩ひじ張らずに聞ける。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です