読書記録:不思議の国のアリス

概要

タイトル:不思議の国のアリス
作者:ルイス・キャロル

言わずと知れた、児童文学の名作。子供のころにももちろん読んだことはある。
本屋でふと目に付いたので、大人になった今読むとどう感じるか、と思い手に取ってみる。

感想

世界中で読まれている名作だが、改めて読んでみると、なぜ、世界中で読まれるほどの魅力があったのだろうか?と思わされた。
話の筋はほとんどないようなものだし、文体の面白さも原文で読むならともかく、翻訳された文章では、どうしても違和感の残る文章で、言葉の面白さにも触れやすいとは言えない。
作品の外の話では、作者のスキャンダラスな人生が死後、話題になったことや、ディズニーの影響などが大きいと思うが、作品の中に絞って考えてみる。

個人的に感じた本作の魅力は、作品の空白の大きさではないか。
この作品において、登場人物たちの心情はほとんど描かれることがなく、セリフや起こる出来事も前後の流れが唐突で、理由を理解できる出来事がない。
何をしているのかよく分からない、しかし、登場するキャラクターの見た目もセリフもインパクトがある。
子供心に、また大人であっても、このキャラクターは何を考えているのか?どうして、そんなことをするのか?とまさに読んでいる読者が不思議の連続を体験する。

強引と言ってもいい疑問の喚起は、これを読んだ創作者にとって、多くのインスピレーションを得られる機会になる。
そして、創作者の中に取り込まれたインスピレーションは、時にはパロディー、モチーフとなって、創造者の作る新しい創作物に取り込まれていったのではないか。
実際に、この作品は多くの創作物でパロディー、モチーフとして扱われている。
そうやって描かれていくことで、人から人へ、創作物から別の創作物へと形を変えて、多くの創作の源泉になったことが、世界中で愛される理由の一つだろうか。

その始まりは、作者が知人の少女に語り聞かせた物語であったという。幼い少女がなぜ、どうして、と何回も尋ねてくる中、ルイス・キャロルは物語を創っていったのではないかと想像できる。
そして、娘に与えたインスピレーションは、多くの子供と大人にとっても多大なインスピレーションを与えられ、また、自分にとってもなぜ?と無邪気に考えられる魅力の詰まった物語だったと思える。

読書記録:外資系コンサルの知的生産術

kindle unlimitedで読了。

タイトル:外資系コンサルの知的生産術 プロだけが知る99の心得
著者:山口 周

サマリ

論理思考やフレームワークを学んでも、仕事がうまくいかないのはなぜ?劇的に成果が上がる、本当に使える「知的生産の技術」=「行動の技術」。

Amazonの「内容」より抜粋

知的生産を行うものが意識するべきことは何か?について、著者の考えを99の項目に分けて、解説している。
上記にもある通り、フレームワークのような一般的な話ではなく、著者独自の見解や手法が多数含まれているのが、他のビジネス本とは異なる。

感想

こういったマインドセットに使えそうな本は時々読むようにしている。
本の内容を実践してみる、というよりも、自分の行動や考えを振り返るきっかけに出来ると思っている。
この本は、先述の通り、一般論としてのフレームワークや行動論ではなく、著者独自の心得が論理的に分かりやすく書かれているため、成否とは別に考え方の参考になった。
知的生産のプロセスやインプットに対する意識など、自分が常日頃、意識するべき項目の再確認をすることができたと思う。

読書記録:技術とは何だろうか(マルティン・ハイデガー)

本情報

タイトル:技術とは何だろうか 三つの講演
著者:マルティン・ハイデガー
ハイデガーの三つの講演記録を翻訳されたもの。
過去にも翻訳はされているようだが、これは2019年の図書。

テーマ

そのタイトル通り、技術とは何か、という問いに対して、瓶の役割や建てること、住むこととは何か、という例示を元にハイデガーの哲学が述べられている。

感想

時々、近年の技術の進化に対して、疑問を抱くことがある。
この技術の進化は、だれが幸せになるものだろうか?
AIの台頭が様々な業種に革新をもたらす、と声高に叫ばれている一方で、技術の進歩に追いつけない人々は、仕事がなくなる、新しい知識を常に学び続けるように、と急き立てられている印象がある。
また、医療の進歩など、それによって救われる人がいるだろうと思う一方で、世の中が便利になっていくことで、一定の時間でこなす仕事量の水準が上がり、結果として、個人で見たときに幸せになっているのだろうか、と思うこともある。

本書の内容はかなり難しく、一読しただけでは、理解しきれたとは思わない。
ただ、上記の疑問に対しては、本書にある「総駆り立て体制」という言葉がしっくり来た。
現代の技術は、資源を徴用し、取り立てて、ある形として表象される、という行為が連鎖的に駆り立てられているという。
それも、人が物を支配しているのではなく、人も駆り立てられる側として、連鎖の中に組み込まれているから、「総駆り立て体制」と命名されているらしい。
ここは、自分が共感できる論であったと思う。

最後の提言は、なかなか、理解できたと思えないが、ヘルダーリンの「だが、危機のあるところ、救いとなるものもまた育つ」という言葉が引用されており、技術の進歩という人類に対する脅威が含まれる中にも、(ヘルダーリンの言葉が正しいと仮定すれば、)救いが育っているはずだ、という論が語られていた。

読書記録:僕だけがいない街(漫画)

注意:積極的なネタバレは書きませんが、感想という性質上、作品の中身にも触れています。また、「僕だけがいない街」の他、「ジョジョの奇妙な冒険」にも触れています。

10巻ぐらいでさくっと読める漫画が読みたくて購入。
ひと昔前に、流行しているときに、1巻だけ読んで、気になっていた。

あらすじ

毎日を懊悩して暮らす青年漫画家の藤沼。ただ彼には、彼にしか起きない特別な症状を持ち合わせていた。それは…時間が巻き戻るということ! この現象、藤沼にもたらすものは輝く未来? それとも…。

公式サイトより引用

感想

面白かった。
自分や周囲に危機が起きると、時間を巻き戻す力が起きて、危機を回避することを求められる、という症状を持っている藤沼という男が主人公。
通常は1分~5分巻き戻るだけだが、ある殺人と自身に疑いをかけられるという危機に対しては、29歳の時間から、小学生まで巻き戻ってしまった、という話。
小学生の時に起きていた誘拐殺人事件と現代の事件が関係しており、犯人を見つけるために、奔走するという話。

ミステリーとして面白く、犯人は誰か、というだけでなく、この先どうなってしまうのか、というわくわくを感じながら、一気に読むことができた。
メタ的な視点で、犯人はなんとなく想像がついていたが、犯人を追い詰めるまでの過程が面白い。

作者はジョジョの奇妙な冒険3部~5部の連載のアシスタントをしていたらしく、そう言われてみると、街に潜む狡猾な犯罪者、時が巻き戻る能力、と、ジョジョの4部をモチーフにしたのだろうと思えるポイントがある。

読書記録:業務システム開発モダナイゼーションガイド

本情報

タイトル:業務システム開発モダナイゼーションガイド
作者:赤間 信幸
Amazonリンク:こちら
SI技術を網羅的に整理しつつ、アジャイルやCI/CDなどの現代の手法について書かれている本

感想

システム開発の全体像について、体系的に整理された本を読みたくて、購入。
要件定義、外部設計、内部設計、実装、テスト、などの手法について、一通り記載されていおり、目的は満たせた。
一つ一つの説明も、専門書には負けると思うが、ポイントを絞って重要な視点だけが記載してあるので、実際の現場に落とし込む、というより、開発の流れを見直しながら、全体の中で最適にするにはどうするか、を考察することができる、という印象。
理想論ではなく、現場の事情に即した補足も書いてあるので、何かしらの示唆は得られると思う。

自分のメモ書きからピックアップ

  • 内部設計書は最近はあまり書かない。理由は、昔と違って、コードが短くなったことに伴い、読めば、それが設計の概念として理解できるから。
    ただし、レビュー目的や複雑な重要画面の設計(1000行ぐらい目安)をする場合は例外的に用意するのもよいと考えられている。
  • 継続的インテグレーションの最初の一歩のために調べたこと、考えたことにも繋がるが、テストの重要性について、耳が痛い。
    必要な機能要件を洗い出せていない状況に反省。
  • UIの非互換問題に気を付ける。
    • 正しい技術仕様、標準仕様を理解すること
    • レスポンシブUIの理解
    • テスタブルな実装
  • 開発環境をアジャイルにしていくことは、デベロッパー側ではなく、SIや企業のIT部門の仕事である。
  • SIにも技術があることを意識して、手法を学び続ける。

読書記録:破戒(島崎藤村)

作品

タイトル:破戒
作者:島崎藤村

あらすじ

明治後期、信州小諸城下の被差別部落に生まれた主人公・瀬川丑松は、その生い立ちと身分を隠して生きよ、と父より戒めを受けて育った。その戒めを頑なに守り成人し、小学校教員となった丑松であったが、同じく被差別部落に生まれた解放運動家、猪子蓮太郎を慕うようになる。丑松は、猪子にならば自らの出生を打ち明けたいと思い、口まで出掛かかることもあるが、その思いは揺れ、日々は過ぎる。やがて学校で丑松が被差別部落出身であるとの噂が流れ、更に猪子が壮絶な死を遂げる。
その衝撃の激しさによってか、同僚などの猜疑によってか、丑松は追い詰められ、遂に父の戒めを破りその素性を打ち明けてしまう。そして丑松はアメリカのテキサスへと旅立ってゆく。

wikipediaより引用

感想

所感

面白かった。
ドラマチックなストーリー展開で、登場人物の多くは、物語の最初と最後で大きな環境の変化にさらされている。
生活環境が大きく破壊されたようにも見えるが、一方で全体的には解放感が感じられた。
悲劇が多い中で、主人公の丑松のストーリーは、希望の見える終わり方をしているからか。
友達の銀之助が最後までいいやつだった。

意識したわけではないが、昨今の差別問題が社会的話題になっている中で、読んだため、考えさせられた。
差別の歴史が個人に与える影響の重さを教えてくれるようだった。
一方でこの話については、まだ、理解のある周囲に恵まれたことが救いになっていたと思う。

文体

3人称視点で語りかけてくるような活弁士?(あまり詳しくないが、そういう印象を抱いた)のような文体と、緻密な自然の描写は、白黒映画を見ているようなイメージを浮かべた。