デザイン思考の共感とブランディングにおける共感

デザイン思考の最初のステップは、共感から始まる。
デザイン思考に限らず、共感を得る、というフレーズはブランディングの文脈でもよく聞くキーワードである。
二つの共感の差と関係について、考察。

考察

  • デザイン思考における共感は、ユーザーの感情や行動を知ることであり、必ずしも、感情的な共感を意味するわけではない。
  • ユーザーが何に好意を持っているのか、プロダクトを選択するまでにどのようなストーリーを経るのかを知ることが共感で、製作者がユーザーに共感するという意味である。
  • 一方、ブランディングにおいては、ユーザーがブランドに共感を持ってもらえるような、企業としての取り組みのことを指す。
  • 製作者は、ブランドをどう見てほしいか、を定義したうえで、ユーザーにそのイメージを喚起してもらえるように、体験を改善していく取り組みを行う。
  • ブランディングはユーザーが企業に共感する、という意味である。
  • 言葉の意味や経緯は若干異なるかもしれないが、ユーザーが共感してくれるストーリーを知る(デザイン思考)ことは、ブランディングにおいても、ユーザーがイメージを喚起してくれるストーリーを作るうえで、大事なことであると思われる。
  • ブランディングを得ることは、リピーターの獲得や価格プレミアムの効果などの効果が期待できる。なぜ、デザイン思考なのか、なぜ、共感なのか、と問われた時の一つのヒントになるのではないか。

WordPressの新規投稿で詰まったところと解決策

wordpressを始めて、投稿をしようとしたときに詰まったこととその解決策

状況

サーバーはAWSで構築。
wordpressをインストールして、諸々最初の設定を変更した後、投稿を試してみた。

起きた事象

  1. 投稿 > 新規追加、から投稿も下書き保存できない。
    「更新に失敗しました。返答が正しい JSON レスポンスではありません。」と表示される。
  2. 1.が解決した後、設定したパーマリンクを見に行っても、「404 not found」が表示される。

試したことと解決策

以下、ネットでいろいろ調べながら、試したことと解決した対応

1.の投稿も下書き保存もできない件について

エラーにつながった要因は、設定 > パーマネントリンク設定を変更したことにあるようだった。
実際、デフォルトだと投稿した記事が数字の連番になるので、カスタム構造で「/%postname%」にしたほうがよい、と見かけたので、そのように変更していた。

パーマネントリンク設定を変更(厳密には、「基本」以外に変更したら、らしい)すると、サーバーのwordpressを展開したフォルダ配下に「.htaccess」というファイルが出来るが、ファイルが出来なかったり、うまく動かないことがあったりするらしい。
※後述の通り、ここは関係なかったが。

試したこと
  • パーマネントリンク設定を再度保存する。
  • 「.htaccess」ファイルを自分で作成して、アップロードする。

どちらも、無関係。そもそも、「.htaccess」は正しく生成されていた。

解決方法
  • 「Classic Editor」プラグインを入れる

wordpress5.0からデフォルトのエディターが「Gutenberg」というものになっていたらしいが、そのエディターが原因だったとのこと。
上記のエディターに変更したら、無事に投稿が出来た。

2.のリンクを見に行っても投稿が表示されない件について

1.で投稿はできるようになり、実際、ブログのトップでは、記事が見られた。
しかし、パーマネントを設定したリンク先が「404 not found」が表示された。

試したこと
  • 「.htaccess」ファイルのRewriteBase、RewriteRuleのところに、「/%postname%」を追加する

ページを見ても更新されず。

解決方法
  • Appachの設定ファイル(httpd.conf)を修正

「.htaccess」の上書を許可するかどうかをこのファイルで設定しているとのこと。
httpd.confファイルでDirectoryが指定されているので、「.htaccess」が置かれているDirectoryに対して、「AllowOverride None」→「AllowOverride All」に修正。
ちなみに、ALLはすべて許可、Noneはすべて不許可、とのこと。

後書き

一般的には、「htaccess」に問題があることが多いらしく、「htaccess」ファイル周辺をいじっていたので、時間がかかった。
ただ、そもそも、「htaccess」ファイルはなるべく触らないほうがよい、という記載もあったので、今後は気を付ける。

参考になったサイト